HOME > CT

CT

「旧来のレントゲン検査は、デンタル、パノラマといった2次元の情報でした。 しかし、現在は歯科用に特化したCTレントゲンが開発されました。
CTでは3次元撮影が可能になるため、詳細な3D画像が幅広い診査、診断を可能にします。

フラットパネルディテクタ(FPD)採用

フラットパネルディテクタ(FPD)採用360度回転の撮影により、撮影範囲50mm~37mmの正確で歪みのない高解像度3D画像が得られます。
日常の歯科治療から、歯内療法、シングルインプラントにおいても精明な部位の画像を取得することが可能です。

インプラント

フィクスチャーを埋入する周囲の状況を把握し、シミュレーションできます。術後の経過観察も行えます。

歯内療法

歯根の形態、長さ、本数、破折だけでなく、根管充填の状況も把握できます。根尖病変の大きさや形状も把握できます。

外科

埋伏智歯、過剰歯などの状態と周囲の状況を把握できます。

外科

顎関節

顎関節にある下顎窩と下顎頭の状態を把握できます。

顎関節