ホーム > » 診療案内TOP

診療案内TOP

カウンセリング

みなさんは、歯医者に行った時、担当の先生とどの位お話をされますか?
「この歯が痛い」「歯の詰め物が取れた」等を先生に伝えるだけで終わっていませんか?
ご自分の歯や歯茎の痛みや悩みを、全て先生にお伝え出来ているでしょうか?
当院では、初診で来院された患者さんに対し、十分なお話をお聞きするようにしています。
具体的にどのような事柄をお聞きしているかを次にご紹介いたします。

カウンセリングについて詳しく知りたい方はこちら

歯周組織再生療法 – 重度歯周病の治療

軽度の歯周病から重度の歯周病まで

当院では、比較的軽度な歯周病はもちろんのこと、他医院では抜歯を勧められるような重度歯周病については歯周組織再生療法を駆使して抜歯をせずに歯を残すことに取り組んでいます。全ての歯を残せるわけではありませんが、より多くの治療の選択肢をご用意しておりますので、セカンドオピニオンも含めて、気軽にご相談下さい。

リグロスを用いた再生療法(保険適用)

当院では、重度歯周病に対する再生療法に、「リグロス」を使用しています。従来の再生療法は保険の適用がなく、自由診療で高額な治療費がかかりましたが、2017年から厚生労働省の認可を受け、保険適用で使用可能となりました。

歯周病の症状

歯を磨くと血が出る

たびたび歯肉が腫れる

口臭が気になる

歯肉からウミが出る

歯がぐらぐらする

噛んだら痛みを感じる

一般的な歯周病治療の流れ

1.診査
歯肉の状態、歯周ポケットの測定、X線検査により歯周病の進行状態、清掃状況を把握します。
2.ブラッシング指導
歯周病の予防と治療にはブラッシングで口腔内を清潔に保つことが一番です。

自分では「磨いた」と思っていても、「磨けている」とは違います。一人ひとりにあった正しいブラッシング方法を指導します。

3.スケーリング・ルートプレーニング
歯に付いた歯石を専用の道具で取り除き、根面を滑沢にし再度付きにくくします。

軽度の歯周病はこの治療で治ります。

4.再評価
再度歯周組織の審査を行い、更なる治療が必要かを判断します。
5.歯周外科治療(フラップオペ)
スケーリング・ルートプレーニングでよくならない場合や、重度の歯周病の場合は、歯周外科手術・場合によっては、歯周組織再生療法を行います。
6.メインテナンス
治療が終わった後、病気の再発を予防するため、1~3ヶ月ごとに定期健診を行います。歯周病は、再発しやすい病気です。

再発させないためにはホームケアーによる毎日のお手入れ(ブラッシング)とプロフェッショナルケアー(スケーリング・PMTCなど)が必要です。

歯周病の進行

歯周病は、歯の表面に付いた汚れ(プラーク)が原因で、歯を支える周りの組織に起こる病気で、歯を失う大きな原因になっています。
初期症状がほとんどないため、発見が遅れ、手遅れ(抜歯)になることもあります。
そうならないためには、日頃のケアー(ブラッシング)と定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアー(歯石除去・クリーニング)が大切です。

歯周組織再生療法 – 重度歯周病の治療について詳しく知りたい方はこちら

審美歯科

昔、「芸能人は歯が命」というフレーズが流行しましたが、歯の形や色が良くなると、人の印象は随分変わります。具体的には

メラニン除去(歯茎の黒ずみをきれいにする)

ラミネートベニア

ホワイトニング(歯を削らずに薬で白くする)

セラミッククラウン

ノンクラスプデンチャー(金具のない入れ歯です )

などによる治療があります。
これらの治療はただ漫然と行えば、良くなるものではありません。
患者さんの希望を十分に聞き、その上でこちらの専門的な診断を加味した上で、最終的にどう治療するのがベストかを、患者さんと一緒に考えていきます。

審美歯科について詳しく知りたい方はこちら

小児歯科

「子供は小さな大人ではない」という言葉があります。
小さなお子さんは怖いもの、自分を不快にさせるものには、なかなか順応してはくれません。ある意味で非常にピュアな存在だと思います。

そんなお子さん達と、上手な治療が出来るようになるためには、やはり十分なコミュニケーションをとり、我々とお子さんとの間に信頼関係を築くことが重要です。

子供の歯の予防
そのためには、まず痛くない時点での来院をお勧めいたします。健診や、削らない簡単な歯の処置等で、当院の雰囲気に慣れてもらい、そのあとで本格的な虫歯の治療に入るのが、ベストだと思います。しかし、1番重要なのは、「治療しない」ということ。つまり「虫歯を予防し続ける」のが最もよい治療と言えるでしょう。


小児歯科について詳しく知りたい方はこちら

インプラント

インプラントは、義歯やブリッジにかわる第3の歯として、現在注目を集めています。

これは、チタンで出来た人工歯根を、歯を失った部位の顎骨に移植することで、機能回復を行うものです。
親知らずの抜歯程度の小外科手術を伴いますが、たくさんの長所を持ち合わせています。

インプラントについて詳しく知りたい方はこちら

矯正歯科

こちらのページは現在作成中です。

無料メール相談

お気軽にお問合せ下さい。近日中にお返事を差し上げます。

内容 (必須)
 無料メール相談 お問い合わせ その他

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所

電話番号

メッセージ本文

HP公開
ご相談内容をホームページに掲載してよい場合はOKを選択してください。
 OK NG

メッセージの確認
お問い合わせの内容がこちらでよろしければ、チェックを入れてください。

矯正歯科について詳しく知りたい方はこちら